あなたの「どうしたらいいの?」に、弁護士としておこたえします。

労働者のための労働相談

労働者側の労働事件に力を注いでいます。

「どう働くか」は、「どう生きるか」に直結します。

労働者は、会社が儲けるための使い捨ての道具ではありません。人が自分らしく生きていくためには、職場が健康なものであることが絶対に不可欠です。

弁護士登録以来、労働者側の労働事件に力を入れてきました。働き方への疑問、使用者とのトラブルへの対応について、悩んでいること、苦しんでいることについて、何でもご相談ください。

使用者側からの相談はお受けしていません。

労働法分野では、法律や裁判例の解釈をめぐり、労使の見解が激しく対立している論点が少なくありません。

また、労働者が就職・転職をしていく中で、様々な企業に職場を求めることも珍しくありません。

私は、徹底して労働者の味方であるために、労働事件については使用者側からの相談はお受けしていません。安心してご相談にお越しください。

取扱事例

残業代請求

「サービス残業」は許さない。

「うちの会社は年棒制だから」とか、「仕事に時間が掛かっているのはあなたのせいでしょう」などというのは、残業代を払わない理由にはなりません。

あなたが働いた時間について、きちんと給料・賃金を支払ってもらうこと。それは、労働者として当たり前の権利です。サービス残業を許さず、労働時間に見合った賃金を取り戻しましょう。

※ 残業代請求に関する相談は、初回1時間程度まで無料でお受けしています。


労災・過労死

仕事の上での死傷病に、適切な補償を。

業務に起因する怪我や病気、あるいは死亡については、労働災害として労災保険から療養補償や休業補償、傷害補償や遺族補償等の給付を受けられます。

また、労災にあったことについて会社に責任があるような場合には、会社に対して、慰謝料等の損害賠償請求をすることもできます。


解雇・復職拒否・退職勧奨

不当なクビ切りには、断固として立ち向かう。

労働者には退職勧奨(退職勧告)に応じる義務はありません。また、使用者が労働者を解雇・リストラできる場面については、実は法律上さまざまな制約があります。

泣き寝入りせず、職場復帰を目指すことで、現在の状況を打開できるかもしれません。


パワハラ・セクハラ

人間らしい働き方を実現する。

使用者には、職場でのパワハラやセクハラを防止する義務があります。弁護士として、間に入って交渉し、あるいは法的な手続きをとることで、パワハラやセクハラを止めさせるよう尽力します。また、パワハラやセクハラの内容によっては、会社や加害者に対する慰謝料等の損害賠償請求を行うことも考えられます。

「我慢するのが当然」ではありません。あなた自身の人生のために、泣き寝入りせず、労働相談にお越しください。


出向・配置転換

落ち着いて働ける環境を勝ち取る。

配置転換は、一つ間違えば、労働者の生活をめちゃくちゃにしてしまいかねません。そのため、裁判例上、一定の場合には配置転換命令が無効になる場合というものが認められています。

配置転換の内示を受けている段階なのであれば、そもそも配置転換を防ぐこともできるかもしれません。配置転換命令が出された後でも、元の職場・職種に戻ることができるかもしれません。諦めずにたたかいましょう。


賃金カット

本来の賃金を確保する。

給料・賃金 ― 特に、いわゆる「基本給」については、会社が一方的にカットする(引き下げる・切り下げる)ことは、原則としてできません。

賃金は、あなたやご家族が生活をしていくために欠くことができない、極めて大切なものです。泣き寝入りする必要はありません。頑張って正当な賃金の支払いを確保しましょう。

弁護士費用

原則として名古屋共同法律事務所弁護士報酬基準規程によって算定します。一般的な内容については、当サイト内弁護士費用のページをご覧ください。

一般的には、裁判等法的手続きを採る場合、請求する金額を基準として次のとおり算定します(但し、10万円を最低額とします。また、事案の難易等に応じ増減額することがあります)。調停手続や示談交渉を行う場合についてもこれに準じますが、ご相談の内容に応じ減額等の調整をします。

着手金

経済的利益の額着手金
300万円以下の場合8%
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円
3億円を超える場合2%+369万円

報酬金

経済的利益の額報酬金
300万円以下の場合16%
300万円を超え3000万円以下の場合10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合6%+138万円
3億円を超える場合4%+738万円

事務所案内

事務所名
名古屋共同法律事務所
電話
052-262-7061
営業時間
平日9:00~18:00
所在地
名古屋市中区大須四丁目13番46号
ウイストリアビル5階
アクセス
  • 名古屋市営地下鉄「上前津」駅(名城線・鶴舞線)2番出口から徒歩1分
  • 名古屋市バス「上前津」バス停から徒歩5分

※ 自動車でお越しの場合、付近のコインパーキング等をご利用ください。

→ google mapで見る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

052-262-7061

受付時間 9:00 – 18:00[土・日・祝日除く]

※ 事務局がおつなぎします。「ホームページを見た」旨お伝えください。

※ 営業時間外にお電話いただいた場合、留守番電話に切り替わりますので、お名前とお電話番号をお残しください(どうしても電話に出られない時間帯がある場合や電話で弁護士と名乗ってほしくない場合には、その旨もお残しください)。

メールフォームによるお問い合わせ

- -

労働相談豆知識

PAGETOP
名古屋市中区大須四丁目13番46号ウイストリアビル5階・名古屋共同法律事務所所属。お気軽にお問い合わせください
Copyright © 弁護士 仲松大樹 All Rights Reserved.