あなたの「どうしたらいいの?」に、弁護士としておこたえします。

遺す人も、遺される人も幸せになるために。

財産を残すために、相続対策が必要です。

一生懸命働いてお金や資産を貯めたあなた。先祖から受け継いだ不動産を一生懸命残してきたあなた。長い間、本当にお疲れさまでした。せっかくの財産を妻や夫、お子さんやお孫さんに残していきたいと考えていると思いますが、相続対策はお済でしょうか。相続の際には相続税がかかります。資産の状況によっては、せっかく財産を受け継いだご家族が相続税を払うことができず、財産を手放さなければならなくなることもあります。せっかくの財産をきちんと大切な方に受け継いでもらうためには、生前から相続対策を考えることが必要です。

相続をきっかけに、紛争が起きることがあります。

また、相続をきっかけに、遺された方の間でケンカが起きてしまうことがあります。どんなに仲のいいご家族でも相続争いは起きることがあります。むしろ、仲のいいご家族だったからこそ、大切な方を亡くしたショックでケンカになってしまうことがあるのです。大切な人たちの間で紛争を起こさないように、遺言を作成しましょう。

大切な人の死を乗り越えて、みんなで前を向くために。

大切な人をなくし、不幸にも相続争いが起きてしまったあなた。「こんなはずじゃなかったのに」と、深い心労に悩まれていることと思います。起きてしまったトラブルをなかったことにはできませんが、少しずつ気持ちを整理し、かつてのような良好な家族・親族関係を取り戻すためには、法律に基づいて少しずつ相続関係を整理していくことが有効なことがあります。大切な人の死を乗り越えてみんなで前を向くために、私と一緒に考えてみませんか。

取扱事例

遺言作成

残される人のために、遺すべき遺言を作りましょう。

自分の死後、家族に相続争いをしてほしくない時には、遺言をつくって自分の考えをきちんと示しておくといいでしょう。

もっとも、遺言はただ作ればいいというものではありません。遺留分について考えてあるか、遺産や相続人の範囲は間違っていないか、遺言の方式は間違っていないか、相続税のことは考えているか……考えておかなければいけないことがたくさんあります。本当に残すべき遺言を作るために、いっしょに考えましょう。


相続人調査

相続人はどなたですか?

相続手続を始めるためには、だれが相続人になるのかを適正に把握しておく必要があります。ところが、はじめてみると意外に大変なのがこの相続人調査。古い時代にまで遡ってたくさんの戸籍を取得し、その内容を検証していく必要があります。見落としがあったら一大事!相続手続きのスタートラインでつまづいてしまわないように、弁護士がサポートします。


相続財産調査

相続は、負債も引き継ぎます。

遺産分割をするためには、遺産(相続財産)がどれだけあるのかを把握しておく必要があります。遺産分割がまとまったあとに新しい財産が出て来てトラブルになる、ということはできるだけ避けたいものです。

それ以上に気を付けないといけないのが、相続財産の中に負債がないかということ。場合によっては、相続放棄を健闘した方がいいこともあります。相続財産調査のためにどのような手続きが考えられるか、アドバイスを差し上げます。


相続による取得額の算定

特別受益や寄与分はありませんか。

相続人の間で遺産分割の話し合いがまとまらないときは、相続財産をもとに法定相続分に基づいて具体的な取得額を計算します。このときに考えておきたいのが、寄与分 ― あなたが相続財産の維持・増加のために特別な貢献をしていないかということ、特別受益 ― 相続人のなかに生前多額の贈与などを受けている人がいないかということ。これら特別な事情がある場合、相続による取得額が変わってくることがあります。


遺産分割手続

相続紛争を残さないために。

相続人の間で順調に遺産分割の話し合いがまとまったときには、遺産分割協議書を作成しましょう。一方、話し合いがまとまらないときには、調停手続や審判手続を利用して遺産分割を進めていくことが必要になります。ときには、裁判手続を利用して相続財産の範囲を確定することが必要になることもあります。

相続紛争は必要な時間もストレスも大きなものになりがちですが、その紛争を子孫に受け継がせてしまわないためにも、一緒に頑張って解決を目指しましょう。

弁護士費用

原則として名古屋共同法律事務所弁護士報酬基準規程によって算定します。一般的な内容については、当サイト内弁護士費用のページをご覧ください。

調停等法的手続きを採る場合、請求する金額を基準として次のとおり算定します。ただし、10万円を最低額とします。また、事案の難易等に応じ増減額等の調整をします。

手数料

項目分類手数料
遺言書作成定型 10万円から20万円の範囲内の額
非定形基本300万円以下の部分20万円
300万円~3000万円の部分1%
3000万円~3億円の部分0.3%
3億円を超える部分0.1%
特に複雑又は特殊な事情がある場合協議により定める額
公正証書にする場合3万円を加算する。

着手金

経済的利益の額着手金
300万円以下の場合8%
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円
3億円を超える場合2%+369万円

報酬金

経済的利益の額報酬金
300万円以下の場合16%
300万円を超え3000万円以下の場合10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合6%+138万円
3億円を超える場合4%+738万円

事務所案内

事務所名
名古屋共同法律事務所
電話
090-3569-1731
営業時間
平日9:00~18:00
所在地
名古屋市中区大須四丁目13番46号
ウイストリアビル5階
アクセス
  • 名古屋市営地下鉄「上前津」駅(名城線・鶴舞線)2番出口から徒歩1分
  • 名古屋市バス「上前津」バス停から徒歩5分

※ 自動車でお越しの場合、付近のコインパーキング等をご利用ください。

→ google mapで見る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

052-262-7061

受付時間 9:00 – 18:00[土・日・祝日除く]

※ 事務局がおつなぎします。「ホームページを見た」旨お伝えください。

※ 営業時間外にお電話いただいた場合、留守番電話に切り替わりますので、お名前とお電話番号をお残しください(どうしても電話に出られない時間帯がある場合や電話で弁護士と名乗ってほしくない場合には、その旨もお残しください)。

メールフォームによるお問い合わせ

- -